毛筆デザインオフィス fu-de-signです。“手書き文化を後世に伝える”べく、日々綴らせていただきます*


by fu-de-sign
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

萩に鹿図屏風

こんにちは^ー^

というのには、若干遅い遅い気もしますが、、、


さて、今日も最近妙に気になっている伊達政宗に関してです。

e0197227_15203191.jpg


『萩に鹿図屏風』

政宗が晩年を過ごした城の襖絵だったとされており、

詩歌を政宗が書いたそうです。

書の内容はさることながら、

あえて真ん中の空間に書かないセンス。

自分の書を最後に入れて完成となると、

普通は緊張してしまうものですが、、、

気負い無くピシッと収める精神の余裕。

おそらく、日々緊張と決断の連続で

これくらいのことでは緊張など

しなかったのかもしれませんが^_^

実物を見てみたいものです。
[PR]
by fu-de-sign | 2012-11-07 15:43 | Comments(0)