人気ブログランキング | 話題のタグを見る

毛筆デザインオフィス fu-de-signです。“手書き文化を後世に伝える”べく、日々綴らせていただきます*


by fu-de-sign
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

あったかく。


    だいぶ冷えてきたこともあり、

    昨日友達が、布やストールなどをお手頃な

    値段で販売するということで行ってきました☆

    最終日だったので、売れてしまい

    ないのではないかと戸を開けた瞬間、!!!!!

    トリコロールカラー、馬柄の上品なストール発見!!

    大きさもたっぷりあって、しかも馬柄^ー^;

    はおったり、簡単な腰巻きスカートにしたり

    膝掛けにしたり、、、お得な感じがたまりませんー〜ー

    
あったかく。_e0197227_1673656.jpg


    もう少ししたら、主役も登場の予感。↓

あったかく。_e0197227_1612873.jpg


    火 つながりで、描いてみました^ー^↓

あったかく。_e0197227_1605326.jpg


    冷えは、大敵。ということで身体を動かしに

    行ってきたいと思います。



    

    

  

  

   
# by fu-de-sign | 2009-10-13 16:38 | Comments(0)

デザイン書道

こんにちは。

今日もいい天気です。

 さて、昨日東京から帰ってきました。

今回は、日本デザイン書道協会主催、
現代書家 岡本光平氏の
『京都の看板と暖簾の書』と題された
講演を聞きに行った訳です。

場所は、ビルの47階。
こんな景色でした。


デザイン書道_e0197227_125436100.jpg


小さくてごめんなさい(。、。)

話は戻り、講演はというと岡本氏がこれまで
収集された数々の看板や暖簾の画像を見ながら
その特徴を解説付で聞いた訳です。

よりすぐりの画像を一気に見ることができる上に
岡本氏の言葉の選び方の美しさ、そして話し方。

こんなことをおっしゃっていました。

『看板は、お店の顔、そして信用の象徴である。
ただ読めるだけの装飾ではなく、通りの景観と
一体になって京の町並みを支えている重要な
ファクターなのです。』
 
看板は、店主の顔であり、街の美しさにつながっている。
そして、街づくりに参加しているのだと。

今回思ったことは、知りたい!!って気持ちを持って
行きたい場所に向かうと、確実に血肉になる
情報量を吸収できるスピード感でした。

やる気を、出す ことが多かったけれど、
やる気が、出る。
この違いって大きいなと。

今さらですが、知るってたのしいですよね^ー^;
# by fu-de-sign | 2009-10-12 18:53 | Comments(0)

秋田の冬


冷たい雨が降っています。

よく11月上旬に雪が降ることがあるんですが、

納得の寒さです。


 さて、今日は“冬”の景色をイメージして仕上げた
  
作品のご紹介です。

秋田の冬、それはもちろん気温的には寒いです。

でも、雪国だからこそ見る事ができる美しい風景が

あるんです。

秋田の冬_e0197227_15104410.jpg


私の中での思い浮かべたイメージは、、、

軽〜い、ふんわりした雪が木々に降り積もりました。

そこに、日差しがさし始めると、、、

雪が、日を浴びて溶け始め、キラキラと輝き出すんです。

こんな、情景を書で表現したくて作り上げた作品です。

少し分かりづらいですが、キラキラ感を出したかったので

パール状上品に輝く和紙を使っています。

太陽光があたると優しく発光します。

そして、『冬』という漢字を3個デザインし、ツリーのように

仕立てています。


寒い季節がまた巡ってきますが、物事何でも一つの

角度だけじゃなく、色々な角度から見るように

すると日々たのしさ倍増なんじゃないかなーっと^ー^


話は変わりますが、明日から講習会なるものに

参加するため東京に行ってきます。

同じ様な仕事をしている方や、

志している方々がたくさん来るので、

触発!!!されて帰ってきたいと思って〼☆




 
# by fu-de-sign | 2009-10-08 15:57 | Comments(0)

“芽”


  今外を見たら、ストライプ状の雲が、紫ピンクに染まっていて 絶景でした。

  秋の空は、見応えがあります!!!

    さて、今日は昨日に引き続き個展の作品の紹介を したいと思います。

  “芽”  という文字に、土の中から芽を出す生命の力を

  イメージし 仕上げてみました。

  文字を、あえて枠におさめないことで

  勢いのようなものを 感じてもらえたらなーと。

    
“芽”_e0197227_17451660.jpg


     土からポンっと若草色の芽がでる情景をイメージして

     額を木製の濃い茶色、そして額の内側を緑色にしてあるのです。

     私は、春の季節をイメージして作りましたが

     好きな様にイメージして感じ取ってもらえたら嬉しいです^ー^

    

     

     
# by fu-de-sign | 2009-10-05 18:03 | Comments(0)

       すっかり秋です。

       と、いうか気分が完全に秋です。

       夕方に自転車をこいでいたら、どこからもなく

       “甘〜い香り” が。

       正体は、どうやら金木犀でした。

       こんな、秋の情景を、何とか書で表現できないものか?

       逆に言えば、作品を見て、情景をイメージできる作品。

       私なりにイメージして作りあげたのがこの作品です。
       
       
どこからともなく、、、  個展作品_e0197227_19436.jpg


       藍色の和紙は、夕暮れのイメージ。
  
       そして、香しい金木犀の香が風に漂ってくる情景を

       上品に金色に輝く素材を使い、『香』 と表現してみました。

       私の、好きな情景のひとこまでした。
       
# by fu-de-sign | 2009-10-04 19:12 | Comments(0)